砂絵制作中♪

砂絵、制作中です。出来上がった作品のニス塗ってますが、

途中でニスがなくなってしまって止まっています。

次回も砂絵で、まだ途中の人もいますので出来上がりをとっても楽しみにしています☆

暑いのでわりと早くに乾くのがうれしい♪明日もニス塗りまーす。すっごいキレイだよー

青い部屋赤い部屋の感想

4月に行った色の不思議②青い部屋赤い部屋の生徒さんたちの感想です☆

青い部屋から入ってもらいました、青い部屋1分間、赤い部屋1分間。

〇青い部屋

・さっぱりした(1年生)

・ちょっと涼しかった。気持ちよかった。落ち着いた。気分がよかった。(3年生)

・海の中にいるみたいだった。楽しかった。明るい気持ちになった。(3年生)

・ちょっと落ち着いた。心が優しくなった。(3年生)

・海にいる気分(4年生)

・空の中 海の中にいるみたいだった。(4年生)

・ずっと見ていても目がちかちかしないで落ち着いた。海の中にもぐった時の気持ちとよく似ていた。2時間くらいいたら眠くなりそうだった。(6年生)

・あかいへやもあおいへやもおなじかんじだけど、ちょっとだけちがう。(1年生)

・変わらない(4年生)

・海の中にいるみたいで少しさびしかった。けど、ワクワクした!!(4年生)

・涼しい。やわらかい。過ごしやすい。空。晴れている。(6年生)

・雨がとってもふっている。青色の家。空にうかんでいる。(2年生)

・寒い気がしました。薄暗かったです。眠くなりました。(3年生)

・青空が広がっているところにいる感じ。青い部屋のほうが落ち着く。(3年生)

・海にいる感じがした。赤よりも落ち着いた感じがした。(6年生)

・青い部屋から出たときと赤い部屋から出たときで、まぶしかったのは青い部屋から出た時で、青のほうが赤より暗いから、青い部屋から出たときのほうがまぶしかったと思う。(6年生)

・青い部屋にいるときは、水とかに囲まれてる感じがして、赤い部屋にいるときは目がチカチカした。(6年生)

・さわやかな感じがして水の中や海の中にいる感じがして何時間でもいられそうだった。赤の中では寝れない、青の中では寝れそう。(6年生)

〇赤い部屋

・赤い部屋はあつかったよ。(1年生)

・ちょっとだるくなった。イチゴの中にいるみたいだった。涼しいとはいえなくてあつそうな気分だった。青の部屋は気持ちがよくて赤の部屋は気分が悪い。ちょっとあったかかった。(3年生)

・目が少しチカチカしたけどしんどいとは思わなかった。赤は入る前からけっこう刺激が強いと思っていた。(6年生)

・青よりも明るい感じがした。(6年生)

・太陽の中に閉じ込められている感じ。青い部屋のほうが落ち着く。(3年生)

・赤い部屋に入っているとき、赤は「血」のイメージもあるから上から包丁が降ってくる感じがしてちょっとゾッとした。(6年生)

・少しあつかったです。明るいかんじもしました。(3年生)

・火につつまれているよう。赤の家。(2年生)

・まぶしい。あつい。とても明るい。(6年生)

・血の中にいるみたいでとても怖かった。けど、ストレス発散した。マグマの中にいるみたい。(4年生)

・変わらない(4年生)

・ずっと見ていると赤茶色っぽくて目がチカチカした。とってもこうふんして気持ちがよかった。眠くはならなかった。(6年生)

・火の中。ほっこりした。(4年生)

・おなじかんじだけど、なんかちょっとちがう。(1年生)

・明るくて落ち着く。(4年生)

・青も赤も色は強いのに、赤に入ると青より気分の変化があったのでどうしてだろうと考えた。青は楽しい気持ち赤は楽しいって言う気持ちはなかったけど、他の人はどんな気持ちか考えた。黄色とか黒とか白 他の色も入ってみたいです。(6年生)

☆☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆☆
なんか、あの~、やっぱり美術を学んでる人だけあって、感覚が鋭いなって思いましたし、選ぶ言葉や文章すごいなってびっくりしました。色のイメージをそれぞれ持っているので感覚もそれぞれ違うと思います。普段たくさんの色の中で生活している感じとほぼ変わらないという感覚もアリだと思いますしそれをそのまま正直に教えてくれてありがとう!みんな、すごいわ。私の〇十年前の小学校時代に比べて自分の考えを述べなさいと学校で言われる機会が多いと思うのだけど、独自の考えや感覚があるからとても強いのではないかと思います。他の色もいつかできたらいいなー。

4月「色のふしぎ②」

4月第2回目は、アトリえをかく初の試み☆

色からの影響を学びました。

普段から沢山の色を私たちは目にして生活していますが・・・

ひとつの色に囲まれたら、どんな感じがするのかを体験しました。

用意したのは「赤い部屋」と「青い部屋」

ダンボールで囲った簡易的なものです。部屋というより壁・・。仕切り・・ですね。

それぞれに1分間入ってもらい、どんな感覚になったのか教えてもらいました。

*感染予防のため、一人ずつ空間に入った後その場を消毒しています。

上の空間は赤と青それぞれのレースにしていて空気が滞らないようにしました。

壁もあちこち隙間があります。ところどころ切り抜いてカラーセロファンを貼っています。

青い部屋

赤い部屋

短い時間でしたが、なんとなく感覚があったでしょうか。

今回1分間でしたが、これが1時間、6時間、12時間になるとどうですか?

この部屋にいれそうですか?ごはん、食べれそう?

眠るのはどうでしょう。よく眠れそうですか?

私は赤い部屋、長時間は無理だなーと感じました。

青い部屋は落ち着くけどしばらくすると悲しくなった・・。

実験の後、信号の赤がなぜ「とまれ」なのか

青がなぜ「進め」なのか一緒に考えました。

今回は赤と青だったけれど、黄色はどうなんだ?

皆が学校でつけている登校帽やリュックはなぜ黄色なんだろう。

ご飯食べるお店って赤が多くない?

とても面白い意見が沢山でていました。

他の色も入ってみたいとの意見も出ていました。

ピンク、緑、黒、白

作りたいね~持ち運ばないといけないから工夫がいるけど

もうちょっと丈夫なやつ作りたいです。

丈夫でいいやつ作って、レンタルできるようにしたいわ。

なかなか経験できないと思うので、他でもやってほしい!

実行できるかは別として、共有したい意思はあります☆

色って面白いし、実際色の効果を利用して街ができているよね。

4月も参加してくれてありがとうね~!

4月「色のふしぎ①」

4月の第一回目は、ちょっと難しい「茶色」について学びました♪

向かって右がコーヒーの茶色、真ん中が水彩絵の具の茶色、左が3原色を混ぜて作った茶色です。塗り終わってから見比べました。

コーヒーは、コーヒーでなく紅茶を選んでくれた人もいます。前回コーヒー&紅茶で遊んで描いてくれた人はその紙を渡して、絵の具の茶色と自分で作った茶色を塗ってもらいました!

並べるとよく分かるのですが真ん中が同じ絵の具を塗ってるので皆同じ茶色になります。

花を描いた時の土や地面でよく茶色をみかけますが、やっぱり自分で作っている色は目をひきます。

コーヒーや紅茶は塗ってみると見かけよりうすいけれど独特の色がでましたね。

同じ茶色でも幅がだいぶあるぞ、チューブの茶色をそのまま使うと当たり前だけど皆一緒の茶色になるぞ 自力で作ったほうが断然魅力的な茶色だぞっていうことと、絵の具として販売されていないものでも絵の具にしていいんだよということを伝えたかったです。

↓コーヒーでかいてくれたもの↓同じ茶色でもだいぶ違うね。

醤油ももっていったんだけど・・コーヒーが人気でした!

新しく入ってくれた方の、にじみ絵作品です♪

3原色を使っています。いい感じです。

基本の、パレットの使い方、筆の使い方、

デッサンでの鉛筆の使い方を4月にしました。よくできていますよ。